ペロニー病は男性特有の病気ですが、屈曲ペニスをまっすぐにするための治療をします

早めに専門クリニックを受診しよう

喧嘩

ペロニー病は男性特有の病気ですが、陰茎硬化症と呼ばれており、海綿体の一部にしこりが出来てしまい、屈曲ペニスになる状態です。陰茎が曲がっている部分に触れるとしこりを感じますが、がんとは違い良性になっています。ペロニー病は進行性の病気なので、症状が進んでくると勃起をした時に痛みを感じたり、性行為に支障が出る可能性があります。病気が疑われる場合は、早めに専門クリニックを受診することが大事です。完全個室で診察やカウンセリングが受けられるので、デリケートな体の悩みを相談しやすいです。専門クリニックでは、超音波検査やMRI検査を行ったり、患部の視触診などを行っています。ペロニー病は原因は不明ですが、10パーセントぐらいの男性に見られます。専門クリニックでは、最適な治療法を提案してくれます。

ペニスをまっすぐにする手術をします

下半身

ペロニー病は、海綿体の一部にしこりが出来てしまい、勃起時に屈曲ペニスになってしまう状態です。専門クリニックでは、初期段階の場合は内服薬による治療が中心になります。一日に決められた分量をきちんと守って服用することが大事です。陰茎に痛みがある場合は、ステロイド剤を使用することもあります。症状が進行してくると、外科手術による治療を行います。屈曲ペニスを手術をすることで、まっすぐにすることが出来ます。事前に局部麻酔を行うので、手術中は痛みを感じることはほとんどありません。繊細で高い技術が必要な治療なので、症例数を多く取り扱っている専門クリニックを選ぶことが大事です。手術の時間は、1時間30分程度ですが、3日から4日の入院が必要です。

陰茎がんと区別をするために検査を行います

カウンセリングを受ける男性

ペロニー病は、屈曲ペニスが原因で勃起が出来なくなったり、性行為に支障をきたしたりすることがあります。専門クリニックは、完全個室で診察が受けられるので、プライバシーは厳守してくれます。カウンセリングや診察を行った後に精密検査をしてくれます。陰茎にしこりがあるので、陰茎がんと区別が付きにくい人がほとんどです。専門クリニックでは、時間を掛けて検査を行うので、しこりが良性の場合はペロニー病が診断されることが多いです。治療を受ける前に、医師が丁寧な説明をしてくれるので、安心して通院が出来ます。契約書や同意書などに署名、捺印をする必要があるので、印鑑や健康保険証を持参する必要があります。専門クリニックでは、屈曲ペニスをまっすぐにするための、外科手術を行うことが多いです。施術を受けた後は、多少の痛みや出血が見られることもありますが、24時間のサポート体制が整っているので安心です。

広告募集中