ペロニー病は屈曲ペニスなど、性交障害の原因となり、治療が必要

HOME>アーカイブ>三大欲求の中で、唯一、他人と関わる欲求だけに、デリケートな対応を
医者

どうやって診断するか

ペロニー病は単に屈曲ペニスというだけではなく、しこりと痛みが伴います。よって、そのような痛みがある場合には、病院で診断や治療を受けることをおすすめします。というのは、ペロニー病は良性ですが、癌であったりすることもあるからです。石灰化している場合も多いので、石のような堅さで、痛いというような場合は、恥ずかしがらずに受診するべきです。癌じゃないかと疑って、怖くて受診できないという人も多いようですが、前向きに受診することをおすすめします。また、恥ずかしいという方は、男性医師の病院で受診されることをおすすめします。というのは、勃起時の写真があると、より診断しやすくなるためです。その場でいきなり勃起させてみてと言われても、緊張感でなかなか難しいので、疑いのある方は事前に勃起時の写真も持参して行くと良いでしょう。

具体的な治療の概要

診断を受ける際には、泌尿器科を受診しますが、保険が適用されるので、多くの場合は手術費用は20万円程度です。ただ、ペロニー病の治療には一般に長い期間が必要となります。診断されてすぐ手術するのではなく、シコリの大きさが変化しなくなるまで、約1年間は薬剤治療を行いますので、その分の費用も考えておかなければなりません。屈曲ペニスですと、恥ずかしがって異性との交際をためらうことも多いですし、本来、楽しいものであるはずのセックスライフを痛みと苦痛と恥ずかしさで台無しにしないようにするべきです。ペロニー病だけでなく、癌である可能性もあるので、気になる方は積極的に医療機関を受診するべきです。陰部の治療には多くの人がためらうでしょうが、男性であれば誰しもありうることだと、前向きに考えると良いです。

広告募集中